ヨーグルトの意外なヒミツ?

MENU

ヨーグルトの意外なヒミツとは?

おならのニオイで悩んでいる方は、ぜひヨーグルトを夜に食べてみませんか?ヨーグルトは毎朝に食べる習慣となっていると思います。朝にヨーグルトを食べたほうが、良いおならが出ることでしょう。
実は、朝よりも夜に食べたほうが、より効果があるそうです。

 

最近では、【ナイトヨーグルト】が密かに増えてきているのです。あるコマーシャルで夜にヨーグルトを食べるシーンが流れていました。

 

なぜ、夜がいいのでしょうか?

 

ヨーグルトといえば乳酸菌です。寝ている間に乳酸菌が増えて腸内環境が整うと、腸内細菌のバランスが改善され、便通をスムーズにしてくれます。
もちろん、おならのニオイも抑えてくれます。

 

この乳酸菌は、生きて腸で働くだけでなく、胃がんの原因となるピロリ菌や夜に分泌が増える胃酸からも胃を保護してくれます。

 

また、肝臓の負担も軽減してくれますので、よくお酒を飲む人には特におススメです。

 

偏食で悩んでいる人には、ナイトヨーグルトを食べるといいそうです。
ビタミンAやB群、タンパク質など含まれているので不足しがちな栄養も補給できます。

 

乳酸菌は、腸内環境を整えてくれるものと思い込むのですが、実は口中の悪玉菌の増殖を抑えるのも一役買ってくれます。

 

ヨーグルトは、虫歯の原因となるミュータンス菌や歯周病を引き起こすジンジバリス菌という悪玉菌の増殖を抑えて殺菌してくれるので、プラークを減らすこともできます。

 

ヨーグルトが寝ている間に体質を改善するなんて意外かもしれませんが、よくよく考えてみたら結構理にかなっていると思います。

 

納豆も夜食べる習慣のほうが、カラダによいと聞いたことはありませんか?
ヨーグルトも同じかもしれませんね。

 

ナイトヨーグルトを始めて、より健康的なおならを出してみませんか?

スポンサーリンク