ココアでおなら対策を

MENU

ココアでおなら対策を。

良いおならを出すには、「善玉菌を増やす」ことでした。続いて大切なことは、「食物繊維」を多く摂ることです。
日常の食生活の中でもたくさんの食物繊維を多く摂取するように心掛けるといいでしょう。

 

食材の中でも実に様々な種類があり、食物繊維で多く含有されている食材を選ぶのは、素人の判断では難しいことと思います。

 

安価でいつでも気軽に手に入れやすい食材を選ぶといいと思います。

 

ココアの成分は、カカオポリフェノールとリグニンが含まれていますが、リグニンという食物繊維でココアの成分の半分近く含まれている有効成分です。

 

リグニンは食物繊維の整腸作用として強力な効果を持つことが特徴としています。

 

肝機能向上や便秘解消、冷え改善、美肌効果、血行促進、体臭防止、集中力、記憶力アップなどといった、実に多くの健康効果をもたらしてくれます。

 

ココアだけでなくリグニンを含む食品は他にもあります。
例えば、野菜ならトマトやキュウリ、果物ではりんごやバナナなどがありますが、ココア1杯分に含有されているリグニンの量と比べても少ないとされています。

 

リグニン量でいったらココアがトップなわけですね。
リグニンを摂取することで一体どんな効果がでるのでしょうか?

 

リグニンには整腸作用があり便秘に効果があると言われています。
1日3杯のココアを頑張って飲み続けることで、1週間に4回のペースで便意を催し便秘が改善されます。

 

ココアを飲む人は飲まない人と比較すると腸内のビフィズス菌がなんと5倍も増加し、善玉菌の数は標準値以上に至るというわけですね。

 

なぜこんなに効果が出るのか?

 

それはリグニンには食物繊維の力で腸内の便を押し出す作用とまたポリフェノールの力で腸内の善玉菌を増やす作用との相乗効果で腸内環境を整えてくれるというわけです。

 

したがって、リグニンには整腸作用があり便秘に効果があります。

 

もちろんおならのニオイや便臭を抑えてくれる働きもありますので、便秘だけでなくおならのニオイに悩む人もココアを飲まれるといいでしょう。

 

ココアは1日1杯飲むだけでも効果はありますが、一度口に入れてから効果が出始めるのは約10時間後です。
夕食後に一杯ココアを飲むといいでしょう。

 

またココアにオリゴ糖小さじ1杯(※1日に20gまでを目安に)を入れて飲むと腸の機能を高めてくれますよ♪

スポンサーリンク