妊娠中なのにおならが出ない?

MENU

妊娠中なのにおならが出ない?

おなら,女性,妊娠

妊娠中におならがお腹に溜まると、苦しさを感じたり気分が悪くなったりと経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

人目を気にせずに、おならを思いっきり出せたら、どんなに気分が晴れやかだと密かに思ってる方も多いですよね。

 

妊娠している女性は、特におならが出やすい体質であるのはご存知でしたか?
それは、妊娠時期に見られる特有のホルモンの分泌がされているからなのですね。ただ、一時的ですので健康の証ですから気楽に考えましょうね♪

 

人によってはおならが出にくい、出なくて苦痛を感じる方もいるかと思います。
妊娠中は、いつもと同じように力めなくてお困りのことでしょう。

 

もしかしたら、『腸の活動が悪く、妊娠前から便秘症が気味である。』といった体質を持ってはいませんか?
それとなく思い当たる方は、お腹におならのガスが溜まりやすいといえます。

 

その体質に加えて、妊娠中は腸が圧迫されるので、ますます腸の活動が抑えられてしまいます。
そのため、腸の働きが思うようにできず困っていることでしょう。

 

そんな方に少しでも楽になれるお付き合い方法をご紹介します。

 

 

胃腸の運動を良くする食べ物を摂る。

繊維質の多い食材を食べたり、ガスコンやセンブリのような胃や腸を活発にする薬を飲むといいでしょう。
野菜ジュースや果物のジュースを飲むのもいいようですよ。

 

腹式呼吸をマスターする。

キレイな姿勢を心がけて、腹式呼吸を無理なく続けるようにしましょう。血中の二酸化炭素がスムーズに肺に戻されて、ガスも溜まりづらくなるのです。

腸の運動を促進するツボを押す。

通常はお腹側のツボを押しますが、お腹が大きいため力いっぱい押せません・・・。
お腹の「の」の字マッサージは定番ですが、子宮が大きくなるためお腹側のツボはやりづらいかと思います。

 

この時に押すツボは、【大腸兪(だいちょうゆ)】というツボを押してみてくださいね。
場所は、ウエストの最も細いところで、背骨から左右指2本分(約3センチ)のところにあります。

 

握りこぶしの人差し指の付け根で強めに押しながらマッサージしていくと、ちょっと痛いところがありますので探してみださいね。それが、腸の運動を促進するツボです。
ウエストに手を当て、親指でツボを押し込みましょう。

 

自分ひとりでやるのが難しいのなら、仰向けになって膝を立て、握りこぶしをツボに当てながら膝を左右に倒しながらツボに刺激を与えることもできます。

少し背中側へ反る。

お腹が大きくなると難しくなるのですが、仰向けに寝ます。脚を曲げ膝を立て、無理なく腰を浮かせてみましょう。
背中も伸びてすっきりしますよ♪

 

 

いろいろな方法をご紹介しましたが、おならが出なくて本当に苦しい方は、カラダもココロも良いことはないかもしれません。
その場合は、医師に相談してお薬を頂いてくることをオススメします。

 

→妊娠中の便秘にお悩みの方へ。天然オリゴ糖でカラダに無理なく安全に解消を。