赤ちゃんに多いおならとは?

MENU

赤ちゃんに多いおならとは?

おなら,赤ちゃん,臭い,病気,原因,対策

赤ちゃんはよくおならを出す傾向があり、なかには「うちの子って、おならが多くない?」と心配される方もいらっしゃいますが、赤ちゃんは母乳やミルクを飲む時に一緒に空気を飲み込むので、おならも多くなるのは自然のことなのです。

 

ゲップとして出せなかった分が、おならとして出ることもあります。
だから、赤ちゃんのおならが多く出ることは心配事ではなく、むしろ腸が正常に動いている証拠です。

 

たくさんのおならが出たほうが、お腹にとって健康的なのことですので心配はありません。

 

ここでは、なぜ赤ちゃんのおならが多いのかについて説明しています。

 

 

ミルクで育てるより、母乳で育てた方がおならが多い?

赤ちゃんを育てる時に母乳で育てる方とミルクで育てる方がいらっしゃいますが、赤ちゃんを母乳で育てる方の方がおならが出やすい傾向にあるみたいです。
それは母乳が腸に届くとその母乳からガスが発生するためです。

 

 

もし、おならがうまく出せないときは?

赤ちゃんが何もしなくても、急に泣き出すことがよくあることと思います。
超初心者のママにとって、とても慌ててしまいますよね?

 

もしかしたら急に泣き出すのは赤ちゃんが腹痛を訴えているサインかもしれません。
当然ながら赤ちゃんは訴えを口に出せないので、泣き出すしかありません。

 

泣き出すことで、ママに異変を気付かせたいわけですから。

 

大人でも排泄の前に腹痛が起こることがありますよね?
それを同じことが、赤ちゃんにも起こっているのです。

 

その状態で熱があったり下痢などの症状がでなかったりすると、その原因は便かおならであることが多いです。

 

もし赤ちゃんがうまく出せない場合は、お腹を「の」の字を描くようにして、優しく手のひらで撫でてあげるか、綿棒を使ってお尻を刺激して排泄を促してあげてください。

 

その際は、間違って綿棒をお尻の中に入れて傷つけないように注意してくださいね。

十分に気をつけたいのは胃軸捻転症!

乳幼児の時期の赤ちゃんには、おならが多い、なかなかゲップが出せない、母乳やミルクなどを飲んでも吐いてしまう何てことがあれば、これは胃軸捻転症の疑いがあるでしょう。

 

胃軸捻転症というのは、胃の異常な回転だったり、捻転によって起こる今は比較的稀な病気だそうです。

 

おなら,赤ちゃん,臭い,病気,原因,対策

特に、ミルクや母乳などを飲んでいる新生児や乳児に多く発症するようですので、少しでも気になる方には一度医師に相談するようにしてください。

 

実際に、『赤ちゃんのおならが多くて心配です。』と医者に相談したところ、これは胃軸捻転症かもしれませんと話を聞いたことがありましたから、要注意ですね。

 

赤ちゃんのおならが多いのもゲップが出せないのも母乳がミルクなどを飲んで吐いてしまうのも、この胃軸捻転症が原因かもしれません。
少しでも変だなと思ったら、すぐに医師に相談することをオススメします。

 

赤ちゃんですから思ったことを口に出して言えないので、何かのSOSサインを見逃さないようにすることが大事です。

 

もし、胃軸捻転症の症状があるのにそのまま放置してしまうと、中には手遅れになってしまうこともありますので、本当に怖い病気です。
たかが赤ちゃんのおならが多いからと言っても、それが症状を発見する手がかりにもなってきますので、しっかりと受診をしてもらうべきです。

 

ちょっとした点から早期発見の手がかりになるのですから、絶対に掛かりつけの先生に相談してみてはどうでしょうか?

 

SOSサインを見逃さないためには?
おならの回数が多い。
ゲップがうまく出せない
横に寝かされることを嫌がる。
嘔吐をよくする。

 

上記のSOSサインがあったら、今すぐに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク