おなら

MENU

善玉菌VS悪玉菌

おならの量は、1日でどれくらい出るのかをご存知ですか?
食べ物や体調、消化液の量など個人差がありますが、最低500ccのおならで、最高が2000ccのおならを放します。

 

私たちの腹の中には、【善玉菌】と【悪玉菌】との過酷な戦いが展開しています。
大腸には、約100種類の100〜120兆個もの腸内細菌が存在しています。

 

この数字を見ただけでは、ピーンと来ないと思います。ここでkgに換算すると、なんと合計1kg以上になるわけです。
腸内細菌は主に消化を助ける働きをしていますが、健康に役立つ働きをしているのは腸内ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌。

 

逆に健康に害をもたらすのが大腸菌やブドウ球菌、ウェルシュ菌といった悪玉菌。

 

実は、この2つの菌はおならのニオイにも深く関係しているわけなんですね。
腸内細菌の数は増えたり減ったりすることはありません。

 

相手の陣地を取り合うことによって、どちらかの菌が優劣をつけるのです。
激戦の末、おならは無臭か?悪臭か?おならのニオイが変わってきます。

 

やっかいなのは悪玉菌であり、腸内に残った食べカスのタンパク質やアミノ酸を腐敗・分解させてアンモニアなどの有害物質を作りだし下痢や腸炎を誘発するからです。

 

健康な時は、善玉菌が優勢でバランスを保っていられます。
しかし、便秘や胃腸の調子が悪い時に悪玉菌が増えてくると、さまざまな症状を引き起こしたり老化を促進する原因にもなります。

 

つまり、ストレスなどが原因で、善玉菌が劣勢となり悪玉菌が増殖して活躍します。
そうなると、悪玉菌の数がどんどん増えていき、腸内環境が悪くなり便秘や下痢など引き起こすようになります。

 

善玉菌の勢力を弱まってしまうのは、不規則な生活習慣、偏った食事生活などが原因です。
腸内では、悪玉菌の毒でアルカリ性となりますから、女性の天敵である肌荒れになってしまったり、このまま放っておくと、さまざまな生活習慣病を引き起こす原因となります。

 

何とか善玉菌に元気を与えなくてはいけませんね。

 

善玉菌と悪玉菌の壮絶なる戦いに、あなたはどちらの菌に助太刀をしますか?

スポンサーリンク