臭くないおならのタイプ

MENU

臭くないおならのタイプ 

臭くないおならのタイプはどうでしょうか?『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』では、「本当は怖い臭くないおなら?悪魔の雄叫び?」というテーマがありました。

 

当番組の再現ドラマでは、ある主婦は夫と離婚調停中で一人暮らしをしてきました。
主婦にとって大きな悩みが【おなら】。

 

おならが1日に何度もしますが、不思議なことに無臭のおならなのです。
でも緊張すればするほど腹部に違和感を覚え、猛烈におならがしたくなってくるのです。
それに決まって夕方におならをしたくなるなどの奇妙な異変が…。

 

その異変とは、以下の4つの症状です。

  1. 臭くないおならがよく出る 
  2. 緊張するとおならがしたくなる
  3. 夕方になるとおならがしたくなる腹部膨満感
  4. 激しい動悸

 

みなさんは思い当たる節ありませんか?

 

私は緊張しやすい性質ですので、おならがしたくなる時がありましたが、それ以外の症状はありませんでした。

 

この4つの症状を意味するのは、【噛みしめ呑気(どんき)症候群】から来るものだといわれています。

 

「噛みしめ呑気症候群」。あまり聞き慣れない病名ですね。
これは主に緊張やストレスが原因で、おならやゲップ、腹部の膨満感など、カラダにさまざまな異変を引き起こす心身症の1つと言われています。
原因がまだはっきりしないため、不登校や出社拒否などの社会不適応、さらにはうつ病などになることもある恐ろしい病のようです。

スポンサーリンク