おならが多いのは過敏性腸症候群のせい?

MENU

おならがよく出るのは過敏性腸症候群かも?

おなら,臭い,病気,原因,多い,過敏性腸症候群

最近、おならが止まらなくて困ったりしていませんか?
過敏性腸症候群という病気の名前を聞いたことがあるかと思いますが、最近、増加傾向にあるようです。

 

おならがよく出る人は、次の症状に思い当たる節はありませんか?

おならがよく出る!
ゲップが多い!
おなかに不快感がある!
便秘症!
下痢しやすい!
腹痛がひどい!
胃がむかつく!
人混みが苦手!
人前で緊張しやすい!
食欲がない!
頭痛がする!
吐き気やおう吐がある!
肩こりがひどい!

 

上に挙げたこれらの症状は、実は過敏性腸症候群(IBS)という病気です。
過敏性腸症候群とは、身体的な検査をしても明らかな異常がないのに、おならがよく出たり、腹痛や下痢、便秘が続く病気です。

 

 

なぜ過敏性腸症候群が出るのか?

過敏性腸症候群は、心理的な不安やストレスによって消化器の機能が過敏になり、些細な刺激で下痢や便秘、おなら、腹痛などを起こしてしまいます。

 

胃腸に炎症が起きている訳でもないのに、腹部に違和感があったり、異常な便通を催してしまう病気のことですが、原因の多くは、自律神経の異常だったり、中枢神経の知覚異常により生ずると言われています。

 

一人でいる時間の時は、比較的、それほどおならは出ないのですが、電車の中や仕事の最中など他人と一緒にいる時におならが良く出てしまうそうです。

 

過敏性腸症候群にも症状の現れ方によってさまざまな種類があります。
不安定型や慢性下痢型、分泌型、ガス型の4つに分類されています。

 

精神的不安定が原因だったり、過度の緊張によるものだったり、ストレスによるものだったりと原因もありますが、そういった人が無理な暴飲暴食をし、アルコール摂取を重ねると、過敏性腸症候群になってしまうんですね。

 

さらに、過敏性腸症候群が原因で不登校になってしまったり、会社を休みがちになってしまう人もいますので、早めに思春期外来や胃腸科、心療内科に行き、受診をしてもらいましょう。

 

 

いますぐチェックしてみよう!過敏性腸症候群

過敏性腸症候群のチェックシートがありますので、一度確認してみましょう。

 

※実際に用いられている【ロ−マ診断基準】はhttp://www.apha.jp/top/yakuen/IBS.htmより引用しました。
なお、( )内の文は質問口調に直してみました。

 

下記の(1)及び(2)の症状が少なくとも 3カ月繰り返す。
(1)腹痛あるいは腹部不快感があり、以下のいずれかの特徴をもつ。

 

排便によって軽快する。(排便すれば痛みが軽くなるか?)

 

排便回数の変化を伴うことがある。(普段と同じお通じの回数が変わるか?)

 

便性状の変化を伴うことがある。(便の状態が変わるか?)

 

※上記の質問に1個だけの人はIBSではありません。

 

 2個以上ある人は下記の質問へ。

 

(2)下記の1.〜5.の少なくとも二つ以上の症状が、有症状期の25%以上ある。

 

排便回数の変化。(1日に3回以上の便通があるか?)

 

便性状の変化。(泥のような便?水のような便?ウサギのようなコロコロの便?)

 

排便状況の変化。(便意切迫、残便感)(便が出にくい感じがするか?)

 

粘液便の排出。(下痢でトイレにかけこみたくなるか?)

 

腹部膨満感。(おなかが張っているか?)

 

※(2)の診断は「下痢型」と「便秘型」のどちらかのタイプに分けられるかの質問です。仮に当てはまるものがなければ「交代型」タイプとなります。

 

自分はもしや過敏性腸症候群ではないかと思ったら、ここはひとまず病院で診察を受けることをおススメします。

 

よくおならが出る人は、IBSのように何か危険信号を発しているかもしれません。


スポンサーリンク