我慢したおならの行方は?

MENU

我慢したおならの行方は?

おなら,臭い,病気,原因,対策,多い

大切な場面の時に、おならを我慢したことは誰でも経験したことがあると思います。例えば、おならが『やばい!出そう!』と好きな異性の前にいるあなたは、ここで出したら確実に嫌われてしまう!

 

この場合、あなたは我慢しますか?それとも出しますか?

 

ほとんどの方は、肝心な時におならを出すのを我慢してしまうことがあるでしょう。
何とか雄叫びをせずに済んだものの、我慢したおならは一体どうなってしまうのでしょうか?

 

実は我慢したおならのガスは、腸内に停滞し内臓に対して、様々な悪影響を及ぼすことが医学的に解っています。
停滞した腸内のガスは、その圧力で腹痛を引き起こすことが考えられています。

 

横行結腸という腸に溜まったガスは、胆嚢や膵臓に圧迫を加えるため激痛を生ずることがあります。

 

また血液に逆流し、血液内に押し戻されたガスは、血液のろ過をする肝臓にも負担をかけてしまいます。
肝臓の機能低下は糖尿病や高脂血症の原因になり、動脈硬化、脳卒中、心疾患になっていくこともあります。

 

本来の腸の機能は消化吸収や大便の排出を働くのですが、ガスが溜まるとこれらの働きが抑制されてしまいます。

 

つまり、おならを我慢すると消化吸収や大便の排出が困難となり、便秘となってしまいます。

 

頑固な便秘は、有害物質のガスを発生します。
それが腸内環境の悪循環に陥るわけです。

 

あなたはそれでも、おならを出すのを我慢しますか?


スポンサーリンク