おなら

MENU

おならが臭いと大腸がんに?

おなら,臭い,病気,原因,対策,多い

大腸がんをおならで検査、ガスに硫黄分多いと危険(朝日新聞)】という記事を読みました。
名古屋大大学院の研究チームが、大腸がん患者の「特徴」を解明するため、おならを検査するというユニークな手法を開発したそうです。

 

この記事によれば、大腸がん患者のおならと健康な学生たちのおならを比べたところ、大腸がん患者には”硫黄分”が平均して10倍程度多く含まれていたという。

 

がんの進行が進んでいる患者の方が、”メチルメルカプタン”は多かった、とのこと。

 

ちなみに、どんなニオイかというと、腐った玉ねぎのようなニオイがするみたいです。

 

この研究の概要は、英科学誌ネイチャーの関連誌10月号で紹介されたというので、信憑性の高い内容と言えます。

 

わが日本では、近年、大腸がん患者が増加傾向にあり、自覚症状がないため大腸がんを発見しにくいと言われています。
今回の研究結果が、大腸がんを早期に発見する上で役立てるかもしれません。

 

人間ドックの一つの項目に、「おなら検査」が取り入れられれば、初期症状のがんを発見する有効な手段になりそうですね。

 


スポンサーリンク