大腸がんの初期症状はおなら?

MENU

大腸がんの初期症状はおなら?

おならと大腸がん…。この両者の間に一見、関係ないように思えますが、実はそうではないんですね。
日本人の食生活が欧米化したために、大腸がんの患者数が増加していると言われています。

 

もちろん、他のがんも増えているのですが、大腸がんほど食生活に依存しているものはないのです。

 

さて、話を戻して大腸がんとおならの関係を知っていますか?
部位が同じところですから密接な関係があるのです。

 

おなら自体は健康な人でも出ます。

 

おならの成分によって大腸がん特有のものが含まれているのです。
おならの成分は腸の中で作られたガスが出てきたもので、その成分によって臭いが変わります。

 

もちろん、食事の内容によってもおならの成分は変わりますから、臭いとその強さが変わるのです。
内臓疾患がある人の場合、腸内に細菌が繁殖していますから、臭いは強くなるのです。

 

つまり、大腸がんにかかった人のおならは強い臭いがするのです。
もちろん、強い臭いのおならだからと言って大腸がんと言うことではありません。

 

ただし、おならの強い臭いがずっと継続しているならば、何らかの疾患を疑うべきです。

 

病院で検査をしてもらうとよいでしょう。

 

食物繊維を多く含んだ食べ物によって腸内をスッキリさせることができます。
これによっておならの臭いが弱まるのならば、強い臭いは一時的なものと考えていいでしょう。

 

自分の健康度合いを測る目安としておならを考えてみましょう。

 

大腸がんになった場合は、病院で治療を受けなければなりません。
自覚症状の一つとしておならの臭いを考えることが大切なのです。

 

もっと詳しいことを知りたければ、インターネットなどで調べてみましょうね。

スポンサーリンク