おならとストレスの関係

MENU

おならとストレスのつながりとは?

おなら,臭い,病気,原因,対策,多い

健康診断でも健全なカラダなのに、なぜ、そんなにおならがたくさん出るのだろう?便秘や腸炎、内臓の機能異常など、カラダに疾患がないのに腸内にガスが溜まるのは、ストレスが原因であることも考えられます。

 

日本の社会は、もはやストレス社会といっても過言ではありません。何気なく感じているストレスが、イライラや不安・心配が募ってくると思います。
そのため胃腸の動きを促す副交感神経は、スイッチオフに切り替わってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

ピリピリした緊張感で、うっぷんを晴らすために暴飲暴食したり、時間にうるさい人が早食いしたりしていませんか?
口に入った食物をよく咀嚼(噛むこと)せずに飲み込んだりしていませんか?

 

この状況ですと、消化が進まないのでガスも腸内に溜まりやすくなってしまいます。

 

でも、中にはストレスを自覚していない人もいるかもしません。普段からストレスにさらされていると、それとなく気がつきにくい場合もあります。

 

カラダには知らず知らずに負担がかかり、体調を崩しやすくなります。ゲップもおならと同様、ストレスが原因でたくさん出ることもあります。

 

過敏性腸症候群をご存知でしょうか?

 

これは、消化管全体の運動性の障害により、腹痛や便秘あるいは下痢が起こる状態をいいます。
ストレスが原因で過敏性腸症候群が起こると、消化管がさまざまな刺激に対して非常に敏感になります。

 

過敏性腸症候群は4つの分類がありますが、ガス型の過敏性腸症候群があります。

 

つまり、過剰なストレスによっておなかにガスが溜まる症状をいいます。
この過剰なストレスが、私たちの腸管に及ぼす影響をコントロールすることは不可能なのです。

 

症状を和らげるには、ストレスの原因を少なくすることが先決なんですね。

 

過敏性腸症候群やストレスの原因について、よく理解したほうが今後のストレス対策になるかもしれません。


スポンサーリンク