宿便とおならの関係

MENU

宿便とおならの関係

宿便のこと、聞いたことがあるかと思います。そもそも宿便は医学用語ではありません。正しくは、滞留便と呼ぶんですね。
宿便(滞留便)とは、腸の壁に付着した便のことをさします。

 

わかりやすいイメージを挙げると、水道管の内側にこびりついた泥のようなモノでしょうか?

 

宿便とは、ウィキペディアによれば…、

宿便(しゅくべん、Fecal impaction)とは、便秘により腸内に長く滞留している糞便のことである。滞留便(たいりゅうべん)とも呼ばれる。必要な場合には治療として浣腸などが行われる。
健康・ダイエット関係でよく用いられる「宿便」は、一般的な定義とは異なり、数週間程度以上の長期にわたり腸壁にこびり付いている便のことを指し、断食や腸内洗浄によってはじめて排泄されるとされる。

 

腸壁にこびり付いている便があるわけですから、この便が蓄積されていくと、これが発酵してアンモニアなどとった有害物質を発するようになります。
ですので、慢性的な便秘をお持ちの方は、おならの臭いは当然ながら強烈なニオイを放します。

 

この宿便を取り除かない限り、おならのヒドイ臭いを抑えることができません。

 

では、宿便を出すのは、どんな方法がいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

宿便を出す方法

代表的な方法は以下のとおりです。

プチ断食
酵素液
腸内洗浄
ヨーグルト
お茶

 

…があります。

 

慢性的な便秘をお持ちの方は、もしかしたら腸壁にしつこい宿便が付着しているかもしれません。

 

また、おならの臭いを嗅ぐと、あまりにもヒドイようでしたら宿便が腸壁に付着していることが考えられるので、宿便を外へ押し出し、腸内デトックスをされてみてはどうでしょうか?

 

スポンサーリンク