ガムばかり噛むと、おならが?

MENU

ガムばかり噛むと、おならが?

ガムばかり噛むと、おならが?

 

ガムを噛む習慣のある人、いらっしゃいますか?歯の健康のため、ストレス解消のためなど、ガムを噛んでいることと思います。
ところで、ガムとおならの関係を知っていますか?

 

口の中のべた付きをなくすためにキシリトールなどのガムを噛んでいる人は多いのですが、そのキシリトールにはおならの発生を促す性質があります。

 

スポンサーリンク

 

キシリトールには難消化性の多糖類と呼ばれる成分が含まれ、消化しにくいため腸にガスが溜まるのです。
この消化されない多糖類は大腸にいる微生物のエサとなるわけですね。

 

微生物が発酵してガスを発生させていますが、これがおならの原因です。

 

自分はおならがよく出ると思っている人は、もしかしたらガムを噛む習慣がありませんか?
意外なところにおならの原因があるのです。

 

胃腸は食べ物を消化する器官ですが、消化しにくい物もありますから、そのまま便として排出されたり、微生物によって分解されたりします。

 

消化できない物ばかりを食べていると消化不良でガスが発生します。また、健康な腸であれば、ガスがおならとして出てくるのです。

 

ただし、おならが出ずに、腸内に溜まってしまうのは問題です。できるだけ我慢せずにおならを出すようにしてくださいね。

 

もちろん、所構わずおならを出していると、周りの人から白い目で見られてしまいます。
そこがおならの難しいところでしょう。

 

人に迷惑をかけていると言う気持ちが体調を壊す原因になる場合だってありますから。

スポンサーリンク