ヌルヌルでおなら対策を

MENU

ヌルヌルでおなら対策を。

おなら,臭い,病気,原因,対策,多い

おならの臭いを改善するためには、食生活の見直しも必要だと思います。私たち日本人は、海藻を食品として昔から口にしましたが、最近では食生活の欧米化に伴い摂取量が少なくなってきています。

 

つまり、海藻類を含んだ和食ではなく、肉中心の食事ばかりが続くと、悪いおならを放すことになってしまいます。

 

特に若い世代では特に海藻類を食べる機会が少ないでしょう。そうなると悪いおならを出してしまうことになります。

 

スポンサーリンク

 

ココアの他に腸内環境を整えてくれる食品としては、メカブや昆布、もずく、ひじきなどの独特のヌルヌルしたアルギン酸やフコイダンもリグニンと同様の作用があります。

 

アルギン酸は、昆布やワカメ、ヒジキ、モズクなどのヌルヌルしたぬめり成分のことで、褐藻類に特有な天然多糖類です。
海藻のしなやかさを保っているものこの成分のおかげなのです。

 

なぜアルギン酸が、カラダにいいのでしょうか?
専門な話を抜きにして簡単に申しますと、以下の効果が現れます。

 

血圧を下げてくれる。
血中コレステロールの低下作用。
血糖値の上昇抑制作用。
動脈硬化の予防。
胆石の予防。
脂肪の吸収抑制(ダイエット効果)。

 

そして、以下の効果が示すのはおならのニオイの改善にもなります。

 

便秘効果。
大腸がんの予防。

 

海藻類はおならのニオイを改善するだけでなく、便秘や大腸がんの対策にもなるわけですね。

 

アルギン酸の安全性は、国連食糧農業機関(FAO)や世界保健機構(WHO)においても高評価であり最も安全な物質の一つに数えられます

 

食卓に、アルギン酸を多く含む昆布やメカブなどを一品添える形で摂取するのが望ましいでしょう。

 

メカブと納豆を一緒にした【メカブ納豆】がおススメします。メカブと納豆は、ヌルヌルした成分とネバネバした成分が協力して相乗効果で腸内環境を整えてくれます。

 

これらの食材は安価でいつでも手軽に用意できますから、食生活の見直しにもいい機会となるでしょう。

 

良いおならを出すためにも、ぜひとも海藻類を食べてみましょうね♪


スポンサーリンク