おならのガスを出すガスピタン

MENU

おならのガスを出すガスピタン

おならを抑えたい!
お腹の張りを何とかしたい!

 

ガスをいったん出してしまえば、ガスによる苦しみから解放されるでしょう。
我慢すると、ガスの成分がカラダに吸収され、体臭がおなら臭くなりますから接客が中心の仕事をされている人は、何とか打開策を出したいものです。

 

スポンサーリンク

 

ガスが溜まっている状態でレントゲンで撮ると、モクモクと白い煙のようなものが写るそうです。
ガス溜まりは、カラダにあまり良くありませんので、きちんと出したいものですよね。

 

腸の働きが悪くなるため、ガスが溜まってくるのですが、原因としては暴飲暴食や無理なダイエット、過剰なストレスなどが挙げられます。
ガス溜まりがあると、一部は血中に溜まって腰痛や肩凝り、冷え性などを引き起こす原因の1つとも言われています。

 

そこで、一時的にガスの苦しみから解放されるべく、ガスピタン使用する方が多いと聞きます。

 

勘違いしないで欲しいのですが、ガスピタンはおならを止める薬ではありません。

 

 

お腹の張りの解消を目的とした整腸剤です

 

ガスピタンはおならが増えることも減ることもありません。ただ、ガスピタンの服用後に、しばらくはおならが多くなることがあります。
でも、その後に消化酵素や乳酸菌の整腸作用によって、ガス溜まりが起きにくい状態になります。

 

 

ガスピタンの原理ですが、簡単に述べますと、まず整腸効果を高めて植物繊維を分解します。そして、お腹に溜まっているガスを潰して、お腹の張りを緩和するという原理です。

 

果たして効果のほどはどうなのでしょうか?
ガスピタンは腸の異常発酵(ガス)を抑えるのに即効性があります。人によっては、30分から1時間ほどで効果が現れるでしょう。

 

ただし、便秘や下痢、腹部膨満感などの症状が慢性的な方々には、効果が薄いかもしれません。

 

一般的には乳酸菌などの善玉菌が腸内に定着するのが、大体2週間前後ですので1〜2週間続けて服用するといいでしょう。

 

ガスピタンは常に服用していると、徐々に効かなくなることもありますので、注意してくださいね。

 

2週間以上服用しても効果がないのであれば、一度病院で受診されることをオススメします。

 

ガスピタンはストレスや体調不良でおならが出やすく、お腹が張っている時に飲めば、ガスによる苦しみから解放されるでしょう。

 

 

何度も言いますが、ガスピタンはおならを止める薬ではなく、お腹の張りの解消を目的に腸内の調子を整える整腸剤です。

 

→楽天市場でのガスピタン 36錠を見る。

スポンサーリンク


おならのガスを出すガスピタン関連エントリー

バラのサプリメント
乳酸菌サプリメント
おなら対策パンツ?!