女性に多いおなら恐怖症

MENU

おならに多いおなら恐怖症

おなら,女性,恐怖症

おなら恐怖症をご存知でしょうか?私たちの日本は、ストレス社会であると言っても過言ではないと思います。

ストレスによって引き起こされるさまざまな病気がありますが、おならが原因でストレスを引き起こすこともあります。

 

公共の場で見知らぬ人を相手に、自分がおならをしてしまい人に迷惑を掛けているのでは?と恐怖心を感じる病気が【おなら恐怖症】です。

 

スポンサーリンク

 

学校や会社でおならをすれば、人が席を離れたり、鼻をすする、おさえられたり、嫌な顔をされたりと・・・。
自分は臭いんだと勝手にそう思い込んでしまいます。

 

そう思ったら、おならを出すのに我慢してしまいます。
ずっと我慢しているはずなのに、教室の中だったら椅子の音や鉛筆の音などが、

 

自分のおならの音かもしれない…。

 

隣にいた人が離れたのは自分がおならをしたから…。

 

…と、あたかも原因が自分にあるかのように自分を責めているのです。

 

おならをずっと我慢に強いられて習慣化になっていくと、精神的な悪循環を引き起こすという病気なんですね。

 

おなら恐怖症は、特に女性の方が圧倒的に多いと言われています。
確かに男性と比べれば羞恥心が強いのは、女性の方であると思います。

 

いくら生理的現象とはいえ、美意識の強い女性は、人前でおならをせずに我慢することでしょう。

 

出すことに恥じらいを感じている女性は、ずっと我慢してばかりいるとそれが苦になっておなら恐怖症になってしまうケースが多いようです。

 

周りに自分ひとりだけなら出しても問題ないけど、大勢の男性の前に出ると緊張と不安で唾液と一緒に空気を飲み込んでしまいます。

 

実はその飲み込んだ空気が、ガスの70〜90%の割合を占めているのです。
そうなるとお腹におならのガスが溜まってしまいます。

 

出すのを我慢しすぎると、おなら恐怖症を助長してしまうことになりますので注意が必要です。

 

おなら恐怖症の解決方法として、『出すのを我慢すればいいのでは?』と解決の糸口を見つけても、そんなに簡単なものではないはずです。

 

おなら恐怖症は、心の病であるため深刻な病気なのですね。
不安な方は、まず一度病院(精神科)で受診すると良いでしょう。

 

 

東洋医学整体師が教える,おならコントロール法


おなら,女性,恐怖症


簡単な6つプログラム28日間実行するだけで、おならが改善されるコントロール法。

>> 公式サイトはこちら

スポンサーリンク