赤ちゃん おなら 

MENU

赤ちゃんとおなら

おなら,赤ちゃん,臭い,病気,原因,対策

おならは、老若男女どの人にも体験する生理現象の1つです。もちろん、赤ちゃんだって、おならをします。
小さいカラダながらも、思っていたよりもダイナミックな音が出るのねと思った人もいるでしょう。

 

赤ちゃんがおならをする理由としては、飲み込んだ空気にあります。

 

空気なら誰もが息を吸い、吐いているのでおならと関係ないと思うでしょう。
でも、おならの大半はげっぷと同じで吸い込んだ空気です。

 

スポンサーリンク

 

この空気が口から出たら、【げっぷ】。
お尻から出てくると、【おなら】と呼ばれています。

 

授乳時に、お母さんの乳首が小さかったり、哺乳瓶のゴム乳首が小さかったりするとミルクと一緒に空気もたくさん飲み込んでいることもあります。
また、何かを求めて大きな声で泣いている時にも、空気を飲み込むことだってあります。

 

大きな声で泣くのは、

 

お腹がすいている
ミルクを飲みすぎている

 

この他に、ウンチやおならが出ずに苦しくて出したいという意思表示もあるようです。
その時、いきんで顔を真っ赤にさせていることもあるようです。

 

赤ちゃんには、お腹のガスを自力で出すのはとっても力仕事ですので、頑張っている様子を温かく見守ってあげましょうね♪
愛らしい光景ですが、いきんでいたり苦しそうな仕草の回数が多いと見ていて、歯がゆいものです。

 

どのようにしたら楽にしてあげることができるのでしょうか?

 

 

授乳後しばらく赤ちゃんを縦抱きにして、げっぷを出すこと。

しっかりげっぷを出すことで、胃へ入った空気が腸へ行きづらくなりますし、ガスも溜まりにくくなりますね。

 

ミルク(脱脂粉乳)より母乳をあげること。
ミルクは母乳よりも消化が悪いため、発酵してガスが出やすいと言われ、できる限り母乳で飲ませてあげましょう。

 

 

ミルクを飲ませ過ぎないこと。

泣いているとお腹がすいたのかと思い、多く飲ませてしまう事はありませんか?
飲ませ過ぎると、苦しくて泣くこともあるのだそうです。適量を飲ませてあげましょうね♪

 

 

適度な運動に繊維質の多い食事を心がけること。

生後の間もない赤ちゃんには出来ませんが、足に近いものを蹴り始める時期の赤ちゃんからは運動がいいでしょう。
離乳食が始まった赤ちゃんには、繊維質の多い野菜などをおいしく食べさせておならを出すお手伝いをしてあげましょう。

 

 

子育てには、いろいろと心配事がつきませんが、身近にいる子育ての経験者やインターネットで育児についての掲示板もありますので、心の霧が晴れるまでぜひとも活用してみてくださいね♪

 

→赤ちゃんの便秘の悩みを天然オリゴ糖で安全に解消を。


スポンサーリンク