おならは傷害罪?

MENU

おならは傷害罪?

おなら

おならのマナーを心得ていますか?身近な人を相手に思わず屁をこいても、『あ、おならしちゃった!ごめんね。』と謝れば済む問題です。
でも、公共の場で赤の他人が相手だとしたらどうなることでしょう?

 

おならをした本人が周りの人にバレてしまえば、恥をかくところか罰を受けることもあります。
例えば公共機関であるバスや電車など、特に朝の通勤・通学でもっとも人が密集する場所でおならをしたらどうなるのでしょうか?
言うまでもなく、多数の人に不快感を与えることは間違いないと思います。

 

スポンサーリンク

 

キレイ好きの日本ですから、おならは臭くて汚いというイメージを持っている人が大半です。
しかし、おならは生理的現象なので我慢しすぎるのも健康上よくありません。

 

本来は公共の場において、おならをすることはあまり良くないとされています。
誰もいないところで無音でするのが、一般的なマナーのようです。

 

エレベーターなどのような密集空間でおならをした場合、あなたの周りの人が体調不良を訴えたり意識を失ってしまったら、【傷害罪】として適用されるとの見解があるようです。

 

※傷害罪(しょうがいざい)は、刑法204条に規定されている罪。
それによれば、『人の身体を害する傷害行為を犯罪とし、法定刑は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金。-ウィキペディア(Wikipedia)引用-』とされています。

 

傷害罪が適用されるかどうかはともかく、エレベーターの密室で起きた臭いおならは、密室殺人未遂事件と考えてもいいでしょう。

 

あなたの臭いは、大丈夫ですか?
人に不快感を与えないように、一般的なマナーを守りましょうね。

スポンサーリンク